【JSA手技療法協会認定 山田接骨院】腰痛・肩こり・交通事故によるケガなどでお困りの方は愛知県蟹江にある当院へ

動きの悪い関節の、本来の動きを取り戻す新しい手技療法「JSA」「AKA」

JSA(Joint Skating Approach)手技療法とは、相対する関節面がまるでアイススケートをするように
なめらかに滑ることをイメージしてつくられた造語で、わずかな力で関節包内運動を正常化し、
安全で確実に痛みやしびれ、運動障害等の治療を行っていく治療法です。

そしてAKA(関節運動学的アプローチ)とは、1970年に米国のM.A.マッコーネルが提唱した関節運動学を基礎に、
日本の博田節夫先生がリハビリ治療の研究を行う中で開発した関節運動学です。
研究の中では、多くの有痛性患者における痛みの原因が、関節機能異常であることを証明しました。
同時に従来器質性患者が原因と考えられてきた痛みの中にも、関節機能異常が原因で器質的な病変は、
痛みと関係ないものが多く存在することも明らかとなったのです。
関節の中で一番機能異常をおこしやすいのが仙腸関節・腰仙関節であり、
体全体に仙腸関節・腰仙関節が影響しているといわれています。

関節からくるさまざまな痛みの原因を解明し、正しい治療で滑るような関節運動をご提供します。
さらに関節の構造全体を正常化させ、関節機能障害の改善・予防することを目的とした手技療法です。

我慢できないほどの痛み、しびれの原因は関節の歪みです

我慢できないほどの痛み、しびれの原因は関節の歪みです

仙腸関節とは、腰椎の下にある仙骨とその外側にある腸骨が接する関節で、この仙腸関節が本来の動きを失ってしまうと骨盤が歪み、腰痛等の症状によって正しい姿勢がとれなくなります。
当院では、このような関節の痛みからもたらされる我慢できない程の痛みやしびれでお悩みの方や、早く痛みを解消したい方にJSAをオススメしています。
JSAを行うことで、骨格の歪みまで改善できるケースも多く報告されています。

関節の調節を計り、痛みやしびれを安全に、そして確実に取り除いていきます

関節の調節を計り、痛みやしびれを安全に、そして確実に取り除いていきます

関節が機能障害を来たすと、関節包・靭帯・筋肉等にスパズムが発生します。それにより、ポリモーダル受容器が興奮し痛みを発し、さらに筋短縮や筋拘縮が発症します。その結果正常な関節の運動が妨げられ支障を来たしてくることが考えられます。

痛みは関節の機能障害による警告であり、JSA手技療法により機能障害が改善されると消失し、正常な関節運動が出来てきます。おそらくスパズムが抑制され、ポリモーダル受容器の興奮が緩和されたものと考えられますが断定できません。
JSAは、関節面を近づけ関節周囲の緊張を緩和し、同時に関節面の潤滑機構を高め、関節の運動能力を向上させていきます。それによって、関節運動をより滑らかに、症状の改善を行なうことが出来るのです。

 手技療法の詳しい情報サイトはコチラ
JSA手技療法協会

 
お問い合せ・ご予約はお電話かメールにてどうぞ